タググループ

Music ■ CHICANO SOUL Books
Item No.
EL CINNAMONS vol.4 【piquant特典つき】
Price :

1,000円

(tax-in)
待ってました!「シナモン・フィーリング」をテーマに、音楽のように感じる文章を。くせ者たちが綴るエッセイや、インタビューを満載。チカーノ・ソウル・ファンはもちろん、音に漂う哀愁を好む皆さまは是非。
ピカントではお馴染みのイラストレーター、RUMINZのインタビュー、ワダマンボの青春エッセイもあるのです!

当店のみの特典: 2016年刊行の『EL CINNAMONS』Vol.2に収録されたピカントのインタビューをZINEにしてプレゼント!

【DATE】
『EL CINNAMONS』Vol.4 -FALL ISSUE'68-
発行日:2019年11月30日
発行:OFFICE Flaneur
編集・発行人:EL CINNAMONS
デザイン:MARIANNE MAFILLE、奥山太貴
仕様:48ページ/A5/表紙4C+本文1C
価格:1000円(税込)

【CONTENTS】
01-   FEEL THE CINNAMON AGAIN,AGAIN,AGAIN tact sato
02-05 得体の知れない音 チャーリー宮毛
06-15 RUMINZインタビュー A TALE OF TWO CITIES
16-17 漫筆・ラテン・シングス 安田謙一
18-19 スウィート(オンライン)メモリーズ dtybywl
20-21 LOS APSON?の10枚 山辺圭司
22-23 VIDEOTAPEMUSICの10本 VIDEOTAPEMUSIC
24-25 SHOULD I TAKE YOU HOME RUMINZ
26-28 トランスパシフィック -J-TOWNでの一日- 宮田信
29-   WALK IN THE CITY 田中元樹
30-32 夢とうつつ -サンアントニオ産グルーヴ往来記- COUNT.D
33-43 CINNAMON BLVD. -For Column Lovers Only-
▶バリオのゲットーバラザーズ EL BARRIO DISCO CARTEL▶移民とレコード ヒデモリモト▶雑・エンターテインメント トニー李▶新橋のグラインドハウス 牛島俊雄▶SHINBASHI NO GRINDHOUSE 牛島章雄▶水辺の文化を綴る モリナオ哉▶MELODIES EN SOUS-SOL MARIANNE MAFILLE▶本に連れられて 文庫善哉▶中華街の音 河内卓▶巻き戻せない 出田祥蔵▶続・古代中国料理店の謎に迫る SUSHIRAW▶宇宙船ヤムサイ号 intellipunk▶THIS IS A VIEW FROM AVIEW 中村友貴
44-45 レイジーリバー ワダマコト
46-47 マンボ的士 メンチカツ伊藤
48-   CINNAMON LIFE GOES ON lilnoway



 本誌はやはりこの男から始まらなければいけません。ハマのブガル歌手・チャーリー宮毛の音楽人生を回想したエッセイ、「得体の知れない音」。

 ブラックミュージックをモチーフにレコードジャケット、Tシャツのアートワーク、挿絵、フライヤーなど、主に音楽界隈で活躍中のイラストレーター、RUMINZ。そんな彼女の魅力に迫るべく横浜と広島の地で収録されたロングインタビュー、「A TALE OF TWO CITIES」。

 エッセイは5本。“ロック漫筆家”の安田謙一がラテンにまつわるヒト・コト・モノを連想形式で綴った「漫筆・ラテン・シングス」。MUSIC CAMP.主宰の宮田信がイーストLAでの歴史的オーガナイズイベントを振り返った「トランスパシフィック -J-TOWNでの一日-」。日本随一のスワンプポップデュオのヴォーカリスト、COUNT.Dによる奇譚「夢とうつつ -サンアントニオ産グルーヴ往来記-」。インターネット愛好家のdtybywlによるオンライン三部作の第二弾「スウィート(オンライン)メモリーズ」。そしてカセットコンロスのフロントマン、ワダマコトが川をテーマに記憶を紐解いた「レイジーリバー」。

 続いて、“シナモンフィーリング”から連想するレコード/映画を選んでもらうシナモンセレクションシリーズ。第3回は、高円寺のレコードショップ・LOS APSONを営む山辺圭司による「LOS APSONの10枚」。そしてミュージシャン/映像作家のVIDEOTAPEMUSICによる「VIDEOTAPEMUSICの10本」。

 漫画、イラスト、アートワークも充実しております。まずはRUMINZによるサイレントな詩情漂う漫画「SHOULD I TAKE YOU HOME」。THE HOME MADE RADIO CLUBを主宰するイラストレーター・tact satoによる異世界への扉「FEEL THE CINNAMON AGAIN,AGAIN,AGAIN」。映画ZINE『だれかの映画史』の発行人である牛島兄弟の弟・牛島章雄による「SHINBASHI NO GRINDHOUSE」。そして謎に包まれた男・lilnowayによるNYストリートシットなコラージュ「CINNAMON LIFE GOES ON」。

 さらにコラムページ「CINNAMON BLVD.」では、街・旅・レコード、本、食など種々雑多なテーマのもと、編集者。デザイナー、広告ディレクター、DJ、会社員、レコード屋店主、パン職人、カフェ店長など12名の書き手が競演します。

 そして最後は、本誌同人・メンチカツ伊藤による三文小説「マンボ的士」 。
販売価格

1,000円

購入数
この商品を買った人はこんな商品も買ってます